自宅でできる簡単なケアで白い歯が手に入る、セルフホワイトニング

「ザ・ノース・フェイス」だけじゃない! ゴールドウインが自前ブランドを強化

ゴールドウインの2018年4〜6月期連結業績は、「ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE)以下、ノース」が強力にけん引する形で、売上高が前年同期比19.7%増の148億円、営業利益が同2.3倍の11億円だった。同社は「ノース」の他に「ヘリーハンセン(HELLY HANSEN)」「エレッセ(ELLESSE)」「ダンスキン(DANSKIN)」などの国内商標権を持ち、日本市場にマッチしたオリジナル企画商品が売り上げに直結しているが、ここにきてスキーを背景とするコーポレートブランドの「ゴールドウイン(GOLDWIN)」のテコ入れを本格化する。キーマンである新井元・執行役員兼「ゴールドウイン」事業部長に、目指すべき未来について聞いた。

ゴールドウインにとっての「ゴールドウイン」とは?

「シースリーフィット(C3FIT)」や「MXP」もあるが、「ゴールドウイン」は社名を冠した基幹ブランドだ。確かに「ノース」は好調だが、それらの商標権ビジネスとは明らかに違い、中途半端は許されない。僕は14年に「ゴールドウイン」の事業部長となったが、お家芸であるスキーだけでは生き残れないと考えている。

スキーウエアビジネスを取り巻く状況について教えてほしい。

スキーウエアは、映画「私をスキーに連れてって」が公開された1980年代後半、弊社とデサント、フェニックスの3社で1000億円を売り上げていた。それが今は100億円足らずだ。原因は、30年以上前のやり方を引きずっていたからであり、僕はまずこれを壊すことから始めた。

その一環が10年ぶりのロゴ変更?

そうだ。18年に刷新した。ただし昨今の流行のような、ロゴで主張する戦略は考えていない。むしろロゴの入っていないアイテムも多い。手前みそだが、「ゴールドウイン」は伝統としっかりとした機能軸を持っている。着心地でも負ける気がしない。しかしスキーウエアはこれまで非日常のスポーツシーンで着るもので、日常着ではなかった。

それをどう軌道修正した?

16年秋冬にライフスタイル・カテゴリーを新設して、本気のスキーギアからスキーテイストの大人のカジュアルウエアに思い切ってテイストを変えた。ありがたいことに「ゴールドウイン」にはファンも付いていたが、これにより顧客離れが進んだことも事実だ。誤解を恐れずに言えば、新生「ゴールドウイン」は、とにかく尖ったものを提案していきたい。その切っ先に“実は語るべきものがある”というのが理想だ。

スキー・カテゴリーとライフスタイル・カテゴリーの割合は?

スキーウエアはほぼ秋冬のみの展開だが、通年でスキー・カテゴリーが7、ライフスタイル・カテゴリーが3だ。申し上げたいのは、リブランディングがスキー・カテゴリーを否定するものではないということ。僕自身スキーヤーだし、「ゴールドウイン」を通じて“スキーは楽しい”を伝えていきたい。ここ20年でスポーツウエアは見違えるほどスタイリッシュになった。「ゴールドウイン」は、スキーが格好いいスポーツであることの力になりたい。スキーは生涯スポーツであり、ダイナミックな感覚を体験できる。

「ゴールドウイン」を最も売る店舗は?

ギンザ シックス(GINZA SIX)にある直営店のザ・ノース・フェイス アンリミテッドだ。「ゴールドウイン」の価格帯は「ノース」より一段高いが、機能とファッションのミックスを理解いただいた上で購入してもらっている。

直営店以外の販路は?

セレクトショップではビームス(BEAMS)やジャーナル スタンダード レリューム(JOURNAL STANDARD RELUME)などに卸売りしており、18-19年秋冬はビショップ(BSHOP)とダウンパーカを、シップス(SHIPS)とスーツにも合わせられる防水透湿のナイロン製フード付きコートを作るなどコラボレーションしている。

海外戦略も推し進めている。

今年、海外合同展示会の「ピッティ・イマージネ・ウオモ(PITTI IMMAGINE UOMO)」「マン・パリ(MAN PARIS)」「マン・ニューヨーク(MAN NEW YORK)」にそれぞれ初出展した。

ファッション業界も注目するバンドYogee New Wavesが「音楽で伝えたいこと」とは?

若者を中心に多くの支持を集めるバンド、Yogee New Waves(ヨギー・ニュー・ウェーブス)。2014年9月に1stアルバム「PARAISO(パライソ)」、17年5月に2ndアルバム「WAVES(ウェーブス)」、今年3月20日に3rdアルバム「BLUEHARELEM(ブルーハーレム)」を発表し、“島3部作”が完結。6月8日からは全国ツアーがスタートする。過去には「ヘリーハンセン(HELLY HANSEN)」とコラボするなど、ファッション業界からも注目が集める彼らが「今、音楽で伝えたいこと」とは何か。

メジャーだとかインディーズだとかはまったく関係ないですね。インタビューで「メジャー初アルバム」って言われて、そういえばメジャーデビューしていたんだって思い出すくらい(笑)。

前作「WAVES」のリリースはメンバーチェンジ直後だったが、それから約2年たって今作はどう変わった?

前作はみんながその時に持っている技術やムードを出し合って作ったが、今作はより深さを追求するというか、一曲一曲の精度を高めていった感じです。バンドとして豊潤な音が出せました。

前作はバンドに加入したばかりでまだ手探りなところもあって、曲を作ってすぐ録音するという初期衝動で作っていましたが、今作はより音の深さが出せました。

前作はぎゅっと詰まった感じはあったけど、今作はリラックスした感じもあって、より広がりが生まれたよね。前作は1か2かだったのが、今作は1.5とか細かい部分も調整でいるようになったと思います。あと、ライブをたくさん重ねてお客さんの雰囲気も分かってきたし、「ライブでこういう曲を演奏したい」っていう思いから曲ができています。

前作からの約2年間で出したい音のイメージが固まってきましたし、どうやったらその音が出せるかも分かってきました。その一つの形が今作では出せたかなと思います。

今作で“島3部作”が完結するが、3部作というのは1stアルバムを出した時から考えていた?

まったく考えていなかったです。前作「WAVES」を出して、次はもっといいものができるし、それが完成したら何かが終わりを告げるだろうとは感じていて、今作を作り終えてそれが確信に変わりました。Yogee New Wavesには青春だったりブルースや悲しみといった“青”というキーワードがずっとあったんですが、それに少し別れを告げられたかもという感じはしています。

今作のタイトル「ブルーハーレム」はどういった思いでつけた?

日本語だと“青の聖域”という意味で、先ほども言ったように“青”にはいろいろな意味が含まれていて、その全てが許さる場所という思いでつけました。

“許される場所”というのは不寛容になりつつある社会とも関係している?

それはないです。社会ではなく、自分に対しての気持ち。僕たちも大人になり、いろいろな気持ちを受け入れられるようになった。その気持ちとアルバムがリンクしている部分はあると思います。

“島3部作”が完結して、次はどこに向かう?

それは僕らにもまだ分かっていなくて、楽しみで仕方ないですね。今言えるのは、最近エレクトリックピアノを買って、そのエレピの音がいい音だなっていうのは確か。

そうした日々の積み重ねで次が決まっていく気がしますね。

あらかじめ決めて向かうのではなく、作り終わった後にここにいるんだなって実感するんだと思う。作りながら何となくは感じていて、それを言葉にできるのは曲ができてから。そこは結果論でいいかなと。日々、やることをやっていればそれが次につながっていくと思います。

「人と同じではなく、みんな自由に楽しんでいい」

細かく言うと1万個くらいあります(笑)。だから逆に、聴いてくれた人に何が伝わったかは聞いてみたいですね。ただ多様性っていうのは伝えたくて、人と同じではなく、みんな自由でいいよという思いはあります。僕らの音楽を聴いて、それぞれが自由に楽しんでくれればそれでいいです。

以前のインタビューで「聴いてくれた人の背中を押したい」と話していたが、その気持ちは変わらない?

1stアルバムを出した頃からその気持ちは変わっていません。でも、それ以外にも多くの気持ちを僕らの音楽には込めています。ただ、聴いてくれた人にこういう行動をしてほしいとか、こういった人をターゲットにしたいとかはなくて。僕らはがその時々で感じた“うれしさ”や“悲しさ”といった感情を音楽にしているので、そこから何を感じるかは聴いてくれた人に委ねたいです。

前作から2年がたち、多くの人に自分たちが受け入れられるようになったという実感はある?

“受け入れられている”というと語弊がありますね。僕らの音楽って受け入れられるというものではないので。

僕たちがカッコイイというものに“共感してもらえている”という言い方の方が近いかも。それでもまだまだだと思っていて、その共感が少しずつ広がっていけばいいかなと思っています。

2年ほど前は“シティポップ”といったカテゴリーでくくられることも多かったが?

角館:そうですね。僕はシティポップが好きなので、うれしいという気持ちでした。ただ、自分たちとしてはロックに近いイメージだったので、一般の人たちが勘違いしないかなっていう心配はありましたけどね。

自分たちの音楽はロックという感じ?

角館:あえて言うなら、という感じですね。いろいろな音楽を昇華しているので、一つのジャンルで縛りたくはないなっていうのはあります。ヨギーの音楽はヨギーでしかなくて、シンプルに好きなことをやろうというのは昔から変わっていないです。

台湾、韓国、タイ、中国など海外でライブを行う機会も増えてきているが?

そうですね。海外の人がすごく興味を持ってくれています。現地の人たちがわざわざ日本語を勉強してくれていたりして、うれしいですね。

海外のお客さんにとっては、僕らの音楽を外国の音楽として聴いてくれている。日本と海外では盛り上がるツボが違うこともあって、それが予想外でもあり、予想通りでもあるのが楽しいです。

みんな一緒に歌ってくれたりして、日本語にすごく興味を持ってくれています。コールも日本語で返答があって、日本の音楽を吸収しようという気持ちはすばらしいなと感じますね。

海外でライブをする時は日本代表という思いでやっている?

もちろん。僕らがおちゃらけた演奏をしたら日本のバンドはダサいってなって思われてしまう。それだけはあってはならない。今後も海外でのライブは積極的にやっていきたいですね。アジアの人はテンションが合うなと感じるのでやりやすいですが、アメリカやヨーロッパだとどんな感じになるのか、それもまた楽しみ。

誰でも手に入れられるものをどれだけカッコよく見せられるかが重要

ファッションブランドとのコラボも行っているが、それぞれファッションのこだわりは?

今日のみんなの服装を見ると、やっぱり「チェック柄のシャツに『コンバース(CONVERSE)』」だってことですね(笑)。昨日マネジャーから「今日の取材は撮影があるから」って言われて、それで来てみたらみんなチェック柄のシャツに「コンバース」っていう(笑)。それがおしゃれだと思っているみたいな。

今日の服は古着で、福生で980円くらいで買ったもの。高いものを着てカッコよく見せるのは誰でもできると思う。高価なものでなく、“誰でも手に入れられるものをどれだけカッコよく見せられるか”っていうのが大事。僕らが好きだったミュージシャンもそうやってファッションを楽しんでいました。

ベルリンの人たちって誰かにもらったものに価値を見出すらしくて、僕もストーリーがある服がいいなと思いますね。おじいちゃんからもらった服とかすごく価値があると思う。だからなのか、メンバーみんな古着が好きですね。

古着ってまったく同じものが見つからないからいい。自分だけのものを見つけられる。

人と一緒じゃないものを着たいっていうのもあるしね。どれだけ高いものを着るとか、レアなものを着るとかではない。どれだけ自分らしくいるかっていうのが大事。

アイデンティティーだよね。

ツアーグッズはだれが考えている?

上野くんが考えています。

今回はこういうのがやりたいとか、柄はどうしようかみたいなのはみんなで考えてます。そこからこういう人にデザインはお願いしたいとかを決めたり、デザインのラフスケッチとかも描いたりしています。みんなそれぞれの意見があって一つにまとめるのは難しいんですが、その中で納得がいくものを作るようにしています。物販のグッズは実際に僕が直接業者の人と打ち合わせして、原価計算をして、発注数決めてとかしています。曲作りとは違うけど、おもしろいですね。

面倒なことも楽しんだ者勝ちだよね。そうしたことも全てが作品につながっていくんだと思います。

6月から全国ツアーも始まるが、意気込みは?

前回のツアー以上のものができるという自信しかないし、来てくれた人は絶対に楽しませてあげられる。僕らも楽しみで、成長している姿を定期的にファンに見せられるっていうのは本当にうれしい。

“ぼっち参戦”(1人でライブに参加すること)って言葉がありますが、そもそもライブは戦じゃないし(笑)。1人でも全然ウエルカム。僕らは音楽で多様性を伝えているので、好きなように観て、自由に自分を解放して楽しんでもらいたいです。

1人で来てくれてもいいし、もちろん友だちや恋人と来てくれてもいい。年齢も何歳でもいいよね。

僕は地方出身だから、自分が育った街にバンドが来るって最高なことでした。今回、地方で初めて訪れる街もあるので、そこに1人で来ても、同じ音楽を好きな人が集まっているし、1人じゃないって感じられるはず。最高の夜になると思うので楽しみにしていてください。

行ったことない街にいくので、僕らも楽しみです。絶対に楽しませます。

ブラジル料理を満喫できる「天空のビアガーデン」が東京・大手町にオープン

サンケイビルのグループ会社のサンケイ会館は、6月3日〜9月19日までの間、大手町の東京サンケイビル4階のテラスでビアガーデン「天空のビアガーデン Terrasse」をオープンする。同ビアガーデンの今年のテーマは「ラテンリゾート」。FIFAワールドカップや2016年のリオデジャネイロ五輪の開催で今注目を集めるブラジル料理を提供する。

2時間飲み放題の「ブラジルプレートセット」(1人3695円、税抜き)は、ブラジリアンサラダ(アサイードレッシング)、グリルプレート(ピッカーニャ、ブラジリアンソーセージ、ガレット)、ポンデケージョ、揚げポレンタ、焼きバナナとアイスクリーム(バニラ、ココナッツ)の内容で、飲み放題のドリンクは生ビール、ハイボール、サワー、カクテル、ワインなどを用意している。料理内容は7月中旬以降に変更になる予定。毎週火曜日はレディースデーで、女性のみ500円引きとなる。平日予約席は2部制(2時間制:1部17:00〜18:30スタート、2部19:30〜21:00スタート)を取り、5月26日から予約受付を開始する。席数は120席で、当日席も用意する。

天空のビアガーデン Terrasse
日程:6月3日〜9月19日(平日のみ。7月12日〜8月31日は土曜日も営業)
時間:17:00〜23:00 土曜日15:00〜22:00
※ラストオーダーは平日21:00、土曜日20:00
場所:東京サンケイビル4階テラッセ(東京都千代田区大手町1-7-2、地下鉄「大手町」駅A4・E1出口直結)
料金:3695円(税抜き、火曜日はレディースデー、女性500円引き)
問い合わせ:070-5545-9045(予約専用)

相反するものが衝突し調和する現代を表現 「ドリス ヴァン ノッテン」は大企業の傘下に入ったことで変わったのか?

「ドリス ヴァン ノッテン(DRIES VAN NOTEN以下、ドリス)」の2019年春夏コレクションのテーマは、“クチュールとワークウエアのコントラスト”。ドリス・ヴァン・ノッテンが考える、“相反するものが衝突し調和する現代の様子”を表現した。

ワークウエアそのものを使用した他、登山用のロープをディテールに用い、工事現場では黄色と黒などで表される斜めストライプ柄やブルーシートのような素材など、作業着を連想させるような要素も多く採用した。一方で、こうした作業着にビーズ刺しゅうを施し、ノースリーブのロングベストやシャツには肩パッドを入れてショルダーコンシャスに見せることで、ワークウエアと相反するクチュール的な要素を随所にちりばめていった。

また今季は、リアルフェザーや羽根に見立てたプラスチック素材など、鳥を連想させる要素が多く登場したのが印象的だった。フェザーを一枚一枚縫い付けたスカートや、トップス、アクセサリーの他、ヘアスタイリストのサム・マックナイト(Sam Mcknight)が手掛けたヘアーは、羽根を必要な部分だけ切り取ってコサージュのような状態にしたものを、モデルの頭全体に飾り付けるという手の込んだものだった。マックナイトによると、「前髪を限りなく短くしたことでパンキッシュな要素を、羽根を使用することでナイーブな要素を取り入れた」と話す。これもドリスの掲げたテーマである“相反するものの衝突と調和”の形だろう。

今季最も気がかりだったのが、大企業プーチ(PUIG)の傘下に入って「ドリス」がどう変わったのか、ということ。プーチは2017年度に19億3500万ユーロ(約2554億円)を売り上げたスペインの企業で、多くのブランドのビューティ&フレグランスを手掛け、「ニナ リッチ(NINA RICCI)」や「ジャンポール・ゴルチエ(JEAN PAUL GAULTIER)」を擁する。大企業の傘下に入り資金力を得て活動の幅が広がる一方で、親会社の意向がクリエイションに強く影響することも多々あるだろう。しかし、今季の「ドリス」に限っては大きな方針変更は感じられず、ドリスのフィロソフィーに基づいたクリエイションが発表されたと感じた。しかし傘下に入ってまだ4カ月余り。今後このブランドがどう変化していくのか注視していきたい。

ショー当日に感じたことがある。それは「ファンが多い」ということだ。この日もあらゆるブランドがショーを開催していたため、招待客は各ブランドの服をミックスして着たり、そのブランドに合わせて着替えたりする。しかしこの日は、「ドリス」のショーでの着用率はもちろんのこと、他ブランドのショーでも「ドリス」着用者をよく見かけた。

「ドリス」はアクセサリーではなくウエアが主力で、目を引くテキスタイルが特徴だからこそ余計にそう感じるのかもしれない。しかし、多くのブランドがセレブに自社のアイテムをプレゼントしている一方で、「ドリス」はそういったことを一切行わないのがポリシーだという。それでも会場が「ドリス」の服を着た招待客で一杯になるということは、真のファンが多い証拠だ。このことからも、ドリスには大企業の傘下に入っても自身のクリエイションを貫いてほしいと強く願う。

シャンゼリゼ通りに新たなギャラリー・ラファイエット オープンに先駆けて全貌を公開

3月28日にパリのシャンゼリゼ通りにオープンするギャラリー・ラファイエット(GALERIES LAFAYETTE、以下ラファイエット)の新店について、その全貌が明らかになった。

1930年代に建てられたアメリカ系銀行の建物を3年かけて改修し、総面積は6500平方メートルを超える。内装はビャルケ・インゲルス・グループ(BJARKE INGELS GROUP)が手掛けており、大理石の柱の間には天井に付けられた大きなガラス箱が浮いているなど、クラシックとモダンなテイストが融合したユニークでドラマティックな空間に仕上げられている。ニコラス・ハウズ(Nicolas Houze)=ギャラリー・ラファイエット最高経営責任者(CEO)は、「店全体がインスタ映えする」と自信を見せた。

建物は4層で、地下はフードコートだ。サンドイッチやヌードルを提供する「リトル・ジアオ(LITTLE ZHAO)」や地中海料理の「リビエラ(RIVIERA)」、オーガニックカフェの「MAISIE CAFE」、そして「ル・ショコラ・アラン・デュカス(LE CHOCOLAT ALAIN DUCASSE)」などが入っている。また、1階には「キャビアカスピア(CAVIAR KASPIA)」と「ジャックムス(JACQUEMUS)」のコラボレーションで、サイモン・ポート・ジャックムス(Simon Porte Jacquemus)がデザインを担当したカフェの「シトロン(CITRON)」があり、3階には高級レストランの「ウルサン(OURSIN)」が7月にオープンする。

1階はビューティを取り扱うほか、ポップアップストア用のスペースになっている。オープン記念として、「シャネル(CHANEL)」がファッションショーの舞台をイメージしたポップアップを4月21日まで実施する。なお、同ブランドは3階にもシューズとウオッチの店をそれぞれ別に出している。

2階は新進デザイナーのブランドなどを扱う実験的な空間となっており、レザーグッズやジュエリー、スニーカーなどを販売するほか、ブランドとのコラボ商品の発売イベントなども行えるようになっている。また“バイナウ、ウエアナウ(BUY NOW, WEAR NOW)”コーナーでは、その日の天候や最近のイベントにインスピレーションを受けたアイテムを陳列する。

3階にはウィメンズとメンズのラグジュアリーブランドが入り、アパレルやレザーグッズ、フットウエア、ウオッチ、ファインジュエリーを取り扱う。その一部として、ドーバー ストリート マーケット(DOVER STREET MARKET)がキュレーションを行うジュエリーコーナーも設けられている。また、かつて銀行だった頃には役員室として使われていた約100平方メートルの部屋は、得意客向けのVIPサービスを提供したり、サイン会などのイベントを実施したりするスペースに改装された。毎週金曜日の午後には、ハリウッドでも活躍する有名ヘアーアーティストのジョン・ノレ(John Nollet)によるサービスも提供するという。

全体でおよそ650のブランドを取り扱うが、カテゴリー別に商品を陳列する従来の百貨店とは異なり、さまざまなアイテムが入り混じった売り場作りがされている。また、従業員450人のうち300人が インスタグラム経由で採用されたパーソナルスタイリストで、顧客にスタイルやトレンドをアドバイスするという。パーソナルスタイリストは在庫などを即座に確認できるアプリなどを活用して接客をするが、そうしたアシスタントなしで買い物をしたい顧客は、デジタル化されたハンガーによって在庫やサイズの確認ができる。ナディア・ドゥイブ(Nadia Dhouib)=ストアマネジャーは、「消費者がオンラインで買い物をする場合と同様の、柔軟でシームレスな買い物体験を提供しようと思い、商品を色やスタイル、トレンド別に陳列した。新たな発見をしつつ、買い物を楽しんで欲しい」と語った。

こうしたミレニアル世代を引き付けるための施策を行う一方で、主要なラグジュアリーブランドに長年の業界ルールを破って出店してもらうために苦労した面もあるという。例えば、シャンゼリゼ通り店にはケリング(KERING)が擁する「グッチ(GUCCI)」や「バレンシアガ(BALENCIAGA)」「サンローラン(SAINT LAURENT)」が入っているが、そのライバルであるLVMHモエ ヘネシー・ルイ ヴィトン(LVMH MOET HENNESSY LOUIS VUITTON)が擁する「フェンディ(FENDI)」や「ロエベ(LOEWE)」も出店している。また、「ルイ・ヴィトン」はシャンゼリゼ通りに旗艦店を構えている。ハウズCEOは、「当然だが、ブランドと戦うことが目的ではない。彼らの協力を得ながら、従来とは異なる百貨店を作りたかった。最初は多少の抵抗もあったが、シャンゼリゼ通り店のコンセプトをじっくりと話し合うことで、既存のオスマン通り店などと競合することはないと理解を得られた」と述べた。

パリで仏政府への抗議行動が続く中でのオープンとなるが、シャンゼリゼ通りは16日にも激しい暴動が起きたばかりだ。そうした影響もあり、予定よりも1週間遅らせての開店となった。ハウズCEOは、「抗議行動は土曜日に行われるので、日曜日の売り上げでその分をカバーしていたが、最近はそれが難しくなってきている。顧客の65%は海外からの観光客であり、暴動のイメージが定着すると彼らの足がパリから遠のいてしまう。売り上げにも影響しており、早急に収束してほしい」と懸念を示しつつも、長期的にはシャンゼリゼ通り店が成功することを見込んでいるとコメントした。なお、同店は現地在住の顧客と観光客の割合がおよそ半分ずつと、オスマン通り店よりも現地在住の顧客が多くなることが想定されている。

なお、ギャラリー・ラファイエットは23日に上海にも店舗をソフトオープンした。5層2万5000平方メートルの新店は商業施設L+MALL内に位置し、13年にI.Tグループとのジョイントベンチャーでオープンした北京店に次ぐ中国2店目だ。同社は2025年までに10店体制10億ユーロ(約1240億円)ビジネスを狙っている。